おせち 中身

おせち料理の中身は何品目が好ましいか

おせちに入っている食材の種類はどれくらいの品目があったほうがいいのか、また何故その品目数が必要なのかという意見について解説します。
おせちの中身は、紅白かまぼこ、伊達巻の2品目セットが好ましいという人は、お手頃なおせち料理を選ぶ意見があります。
御節料理の中身が鯛の姿焼き、黒豆、数の子、錦玉子、田作り、栗きんとん、紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻きの九品目の盛り合わせで決まりという人は、豪華な御節料理を購入する意見があります。
御節の中身がスモークサーモン、ミートローフ、ウインナーソーセージ、伊勢海老のクリームグラタンの盛り合わせが好ましいという人は、洋風の御節料理を選ぶ意見があります。
御節の中身が北京ダック、蒸し餃子、アワビの刺身、豚角煮の盛り合わせが好ましいという人は、中華風の御節料理を選ぶ意見があります。
品目数が一番多い御節料理は、紅白かまぼこと伊達巻、栗きんとん、昆布巻きです。かまぼこは寿の文字や、干支の絵柄が描かれているものもあります。
昆布巻きは、鮎、鮭、かつおの3つの食材を昆布で巻いた料理です。
栗きんとん以外の御節の食材として、さつまいもを使った芋きんとんもあります。
洋風の御節料理で品目数が一番の食材は、スモークサーモンです。
スモークサーモンをムース状にした食材もあります。
中華風の御節料理の中身が好ましい具材は、北京ダックです。
北京ダックは、お好みで甘味噌をつけて食べることもできます。
お正月の定番、おせち料理は、好きな具材を選んで買うことがおすすめです。