おせち 意味

おせちを作って食べる意味とはいったい何なのか

おせち料理は正月に食べるお祝いの料理のことです。
おせちとは本来、暦上の節句のことを指し、その際に食べる料理のことをおせち料理とよんだため、現在では節句の一番最初の正月の料理を表す言葉として使われています。
料理を重箱に詰め、重ねて用意するのには、めでたさを重ねるという意味で縁起を担ぐためと言われています。
基本は4段重ねで、上から順に一の重、二の重、三の重、与の重と呼び、4段目の重を四の重と呼ばないのは、「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。
詰め方や料理の組み合わせは、地域や家庭、しきたりなどによって様々です。
代表的な詰め方は、一の重には黒豆や数の子、田作りなどの祝い肴、二の重にはきんとんや伊達巻きなどの甘いものを中心に、三の重には魚などの海の幸の焼き物、与の重は野菜類などの山の幸の煮物になっています。
おせちに詰められる料理にはそれぞれ意味が込められていていて、一年中マメ(真面目)に働き、マメ(健康的)に暮らせるようにと願いが込められた黒豆や、卵が多いことから子孫繁栄を願う数の子、海老には腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いと海老の赤い色は魔除けの色とも言われています。
昆布巻きは「よろこぶ」の語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材です。
またおせち料理には他の意味もあり、正月は主婦に働かせないようにという意味が込められていて、三が日は料理をしなくていいように保存のきく料理を詰めたとも言われています。
この保存のきく料理は、正月に火を使うのは縁起が悪いという考えも含まれているようです。